明海大学サイト サイトマップ
設立趣旨
組 織
他の研究機関との研究協定
研修会のご案内
新宿サテライトキャンパスについて
研究協定機関(一般財団法人日本不動産研究所)との共同研究
単独の研究
調査協力
実務修習実地演習について
指導鑑定士の紹介
当センターでの実務修習の特徴
・修了考査合格実績
年間スケジュール
出願要項
レポート読み物
「実地演習指導の現場から」
〜大学発のレポート〜
その他の活動
浦安環境共生都市コンソーシアムの概要
その他の活動
講演会
不動産鑑定士実務修習

実務修習実地演習の概要
 不動産鑑定士試験制度が2006年度から大幅に改定されました。これに伴い新旧試験合格者は国土交通省が認定した研修機関で実務修習(実地演習を含む)を受け、合格すれば最短1年3か月で不動産鑑定士になることができます。
 明海大学不動産研究センターは、国土交通省から唯一認定を受けた公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会より認定された実務修習実地演習機関です。
 実地演習においては、指導鑑定士のもとで更地4件、建付地、借地権、底地、宅地見込地各1件、自用の建物及びその敷地3件、貸家及びその敷地4件、区分所有建物及びその敷地2件、借地権付建物2件、地代1件ならびに家賃2件の22類型の不動産鑑定評価報告書を作成することになっております。
指導体制
指導鑑定士・市川正美
市川

 実務修習を通じ鑑定評価に必要な知識・プレゼン能力・実務と理論の関連を理解できるように、人として成長できるよう各修習生の個別状況等を聞きながら、進捗具合・理解度等を把握し、明るく楽しく(時には厳しく?)指導をおこなっております。現在も鑑定会議では議論・笑い声・叱咤激励等々いりみだれる中、楽しみながら修習生は成長し、不動産鑑定士を目指して頑張っております。修習を一度見にいらしてくださいね!

指導鑑定士・竹迫守夫
竹迫

 不動産鑑定士として1本立ちするには、不動産全般に関する幅広い知識・実務経験が必要なのは勿論ですが、それを平易にアピールし依頼者等に納得してもらうための総合的な人間力が求められます。私は学生時代造園学を専攻した者で業界では変わり種ですが、「母なる大地」を舞台とする不動産鑑定は文系・理系を問わない総合的な実践理論に基づく科学だという信念を持っています。とりあえず一度修習を見学にいらしてください。

本センターでの実務修習の特徴
(1) 特別講義
   全くの初心者でも、基礎的な知識や鑑定評価特有の発想法・思考法を身につけられるよう、本学教授及び指導鑑定士、外部講師による特別講義を開催します。
 修習生の実務経験、能力及び実地演習の進捗度に応じて、適宜行います。
(過年度実施例) 1.本修習のあり方について
2.物的確認
3.権利の態様の確認
4.建築一般構造
5.建物再調達原価査定におけるJBCIの活用について(外部講師による)
(2)

鑑定会議・プレゼン会
 案件ごとに、グループ内鑑定会議を行っていますが、ときには、複数のグループによる合同会議とすることもあります。
 また、過年度においては、担当外の指導鑑定士を依頼者と見立てて、相対で報告・説明を行ったり、評価題材物件をご提供いただいている不動産会社を訪問してのプレゼン会も実施しました。

(3) CAD講習会
 CADによる建物プランニングの講習会を無料で受講できます。
(4) 本学大学院不動産学研究科博士課程の授業の聴講
希望者は、次のような科目を聴講することができます。
科目例 不動産評価特論
不動産企画経営特論
不動産投資特論 ほか
本センターでの実務修習の特徴
当センター
全国
受験者
合格者
受験者
第1回
2008年度
37名
24名
329名
第2回
2009年度
27名
22名
300名
第3回
2010年度
20名
20名
226名
第4回
2011年度
15名
14名
279名
第5回
2012年度
24名
22名
233名
第6回
2013年度
17名
15名
176名
第7回
2014年度
12名
10名
146名
第8回
2015年度
9名
9名
148名
第9回
2016年度
9名
7名
114名
 
ごあいさつ
不動産学部長より
不動産研究センター長より
問い合わせ
出願要項
年間スケジュール
 
国土交通省
日本不動産鑑定士協会連合会
不動産研究所
サイトマップ | プライバシーポリシー
Copyright (C) 2012 meikai unv. All Rights Reserved.